地震を予想する意義とは|地震大国に住む使命

積み木

災害に対する心構え

男性

冷静な対処で身を守る

日本で生活している以上、誰にとっても他人事ではない災害が、いつ襲って来るかの予想が難しい地震や津波です。古くからよく知られている地震の予想方法としては、地震雲の観測や、魚や鳥、動物たちの異常行動などが挙げられますが、素人には判別が困難である場合が殆どです。地震や津波について研究している専門家が、独自研究での成果をネット上で発表している場合もあり、これを参考にして災害時に行動するのもいいでしょう。地震や津波に対する人々の関心が高まっている最近では、インターネットなどで根拠のないデマや予想が流されている場合もありますから、情報の吟味には注意が必要です。万が一の場合の被害を最小限に食い止めるには、過度な不安を募らせるよりも、日頃から防災を意識した生活を心がけることが大切です。一般に、ある程度の大きさの地震に見舞われた場合には、その後に余震と呼ばれる揺れが続くことが予想されます。テレビのニュース番組やインターネットのニュースサイトなどで最新の情報をチェックしながら、地震発生後1週間から10日ほどの間は充分に警戒する必要があります。テレビやラジオをはじめとして、携帯電話やスマートフォンでも受信できる緊急地震速報も、咄嗟の危険から身を守るための大きな助けになります。調理や暖房に火を使用している場合には素早く消火するとともに、テーブルの下やトイレなどの安全な場所に避難して、落下物から頭部を守ることが大切です。

いつかの為に意識を向ける

地震

今後30年間で70%の確率で起きるとも言われる地震のために日ごろから意識を向けることが大切です。いつ関東地震が起きるかということを予測できれば、日ごろの防災意識も高まります。いざという時にも早めの避難などができますし、被害も最小限に留めることが可能です。

災害の危機を音楽で知る

婦人

日本は、地震大国だといわれています。ですから、日ごろから災害を意識した生活を送ることが重要となるのです。また、携帯電話やスマートフォンなどに地震予測情報が通知される機能があります。特殊なメロディで、異変に気づかせてくれるのです。

大規模避難には時間が必要

女の人

東海地震が発生した場合、東海地方から関西にかけての広い地域で大津波の発生が危惧されており、東名高速などの交通の大動脈も被害を受ける事が予測されています。もし、地震予測が成功して数日前に警報が出れば、大きな減災効果が見込める事から期待されています。

防災情報を活用する